リウマチ治療についてリウマチ治療について

治療への取り組み

リウマチの治療は、通院して処方されたお薬を飲んで、痛みに耐えて、また通院して…と辛いイメージをお持ちではないでしょうか。
痛みはつらいですが、うまくリウマチとつき合いながら生き生きとした人生を歩むこともできます。患者さんのインタビューにもありますが、みなさん工夫しながらリウマチの治療に取り組んでいます。

①検査値やおくすりを調べてみる

インタビューのみなさんに共通していたのは、検査値やおくすりを調べて確認したり、先生に質問したりしていました。これから付き合っていく相手を知っておくことは、治療への取り組みの一歩と言えるかもしれません。

②症状はこまめに記録!

ちょっとした変化でもメモをとっておくと、診察前ふりかえって、診察時には短時間で効率的に先生へ伝えやすくなります。「今日は調子が悪い」「診察前になると痛みを感じる」など、普段から少しずつでも記録しておくと、診察の時間を有意義に過ごすサポートとなります。

POINT! リウマチダイアリーを使うと、おてがるに日々の症状記録ができます。

③おくすり・注射を忘れない

服薬の記録をしっかりとって、残しておくことも重要です。必ず飲む(注射する)のも大切ですが「○○な理由で飲みたくなかった」のように、その時どんな気分や気持ちだったか、も記録し、先生に伝えることで無理のない治療を続けることができます。

POINT!

④一緒に歩むため「伝える」こと

普段の症状、おくすりの飲み忘れ有無などを伝え、不安に思っていることや治療方針を先生としっかりコミュニケーションとることが、インタビューからわかりました。よいコミュニケーションは、気持ちの上でもリウマチ治療を続けていく手助けになってくれるはずなので、積極的に先生や医療者と話してみましょう。

POINT! 医療者もリウマチダイアリーに登録すると、つながることができて診察のサポートツールとなります!

関節リウマチの痛みや症状が医師と伝わる リウマチダイアリー無料

  • App storeはこちらから
  • Google playはこちらから

患者さんに「リウマチダイアリー」をご紹介いただける医療従事者の方へ

患者さんに「リウマチダイアリー」をご紹介いただくための
無料の冊子をご用意しております。

その他のリウマチ患者さんのためのおすすめサービス

リウマチクラス