リウマチの治療を無理せず前向きに

関節リウマチの痛みや症状が医師と伝わる リウマチダイアリー無料

  • App storeはこちらから
  • Google playはこちらから

リウマチとうまくつき合う

リウマチは手や膝などの関節に痛みが出る疾患です。リウマチの治療には根気よく治療を続けていくこと、医師を
はじめとした医療従事者とコミュニケーションをとりながら、治療を続けていくことが大切です。
実際の患者さんの体験談を元に、リウマチの治療と医療従事者とのコミュニケーションのとり方や、お薬の記録と
症状の記録とリマインダーの機能を備えたスマートフォンアプリ「リウマチダイアリー」の使い方をご紹介いたします。

症状がよくならない中、自ら起こした行動

朝起きたら急に痛みが出て、お医者さんに診てもらっていたが、中々痛みが取れないことから自分でリウマチかもしれないと疑い始めた。今の痛みが不通なのか、このまま生活してよいのか悩んだ末に起こした行動とは…

自ら起こした行動は何か!? 体験談はこちら

迷いながらも積極的に医療従事者とコミュニケーション

迷いながらも積極的に医療従事者とコミュニケーション

痛みを伝えても、普段の生活で倦怠感が出ていることを伝えても、処方されるお薬も変わらず、このままでよいか悩む日々。もっと理解してもらうためには、伝え方を変える必要があると考え、独自で考えたやり方とは…

医療従事者とどうコミュニケーションをとったか!? 体験談はこちら

無理しないで向き合うために

薬も忘れずに飲み、医療従事者ににもきちんと症状を伝えられて、無理することなくリウマチ治療を続けられている。家族のサポートに助けられながらも不安をあまり感じず治療を続けられるポイントとは…

無理しないで向き合うためのポイントは!? 体験談はこちら
  • 症状がよくならない中、自ら起こした行動
    朝起きたら急に痛みが出て、お医者さんに診てもらっていたが、中々痛みが取れないことから…

    詳しくはこちら >

  • 医療従事者とコミュニケーションの取り方
    痛みを伝えても、普段の生活で倦怠感が出ていることを伝えても、処方されるお薬も変わらず…

    詳しくはこちら >

  • 無理しないで向き合うために
    朝起きたら急に痛みが出て、お医者さんに診てもらっていたが、中々痛みが取れないことから…

    詳しくはこちら >

  • 患者さんの日々の記録を見て治療をサポート
    日常の症状の記録や服薬管理は、なかなかうまく続かない場合もあります。「リウマチダイアリー」使うことで…

    詳しくはこちら >

関節リウマチの痛みや症状が医師と伝わる リウマチダイアリー無料

  • App storeはこちらから
  • Google playはこちらから

患者さんに「リウマチダイアリー」をご紹介いただける医療従事者の方へ

患者さんに「リウマチダイアリー」をご紹介いただくための
無料の冊子をご用意しております。

その他のリウマチ患者さんのためのおすすめサービス

リウマチクラス